© 2018 Genius Educational Network all rights reserved.

代表取締役 金澤敬哲

私たちが子供に対してどういう思いで教育に向き合っているのか、については、2019年3月に行われた卒業式の塾長メッセージを是非ご覧ください。
当日は午前中にスポーツ大会、午後に卒業式、夜は社員の懇親会を行いました。生徒は30名以上集まってくれ、1人1人に卒業証書を配り、涙涙の卒業式となりました。

THINKING

​Happiness

is everything

志や考え方

社長にとって一番大切なのものは何よりも仲間。
保護者・生徒・社員・自分の家族、全員が幸せになれる場所を作りたい。その幸せの輪を拡大したい。だから、事業の拡大や社員の採用に本気を出せる。
一見するとキレイゴトっぽいが、それを地でいく人(笑)
経歴を見ればお金が大好きな人間に見えるかもしれない。でも、お金もみんなをより一層幸せにするための道具に過ぎない。

教育観

生まれつき出来ない子なんていない。子供は生まれながら「GENIUS」である。出来ない子を作り出すのは周りの大人や環境だ。だから、1人でも多くの子供たちに、最適な学習環境を与えたい。その想いで教育に取り組んでいる。

​好きなこと

社員と飲みに行くこと・スノボー・

お酒を飲むこと・息子と遊ぶこと

HISTORY

司法試験合格率TOPの某大学法学部に在籍。イベントサークルの副代表としてavexなどの音楽レーベルとタイアップし、ダンスミュージックCDのプロデュースやイベントを主催する。ダンサーとしてメディアにも出演歴多数。多忙にかかわらず教職課程を含めて200単位以上を取得し、教員免許を取得し卒業。

学生時代

当日は午前中にスポーツ大会、午後に卒業式、夜は社員の懇親会を行いました。生徒は30名以上集まってくれ、1人1人に卒業証書を配り、涙涙の卒業式となりました。

設立50周年を迎える業界No.2の計装メーカーである渡辺電気工業株式会社に営業職として入社。入社2年目ながら同社の営業部の営業成績TOPとなり、起業のため退社。法人電話回線の営業の会社を自ら設立、若干24歳にして年収2千万円と、高級外車を乗り回す生活を送る。

社会人

 - 初期

当日は午前中にスポーツ大会、午後に卒業式、夜は社員の懇親会を行いました。生徒は30名以上集まってくれ、1人1人に卒業証書を配り、涙涙の卒業式となりました。

「一度きりしかない自分の人生をどのようにしたいか」を本気で考えた結果、「将来を背負う子どもたちの教育」に天命を感じ、教育者を志す。
某進学塾で講師をし、県内TOP校への進学実績を残したことで、教室長としてスカウトされるが辞退。
結婚を機に次のステップを模索。転職活動中に(当時)世界No.1のPCメーカーであるDELL株式会社よりスカウト内定をもらうも、「楽しそう」「やりたいことだから」という理由で(当時)東証一部上場会社である株式会社ベンチャー・リンクに入社。
過去の経歴から学習塾の教室長・スーパーバイザーとして延べ200校舎以上を担当する。 1日平均20時間労働をこなし、生まれて初めて「社会人とは何か」を体感する。

社会人

 - 転換期

当日は午前中にスポーツ大会、午後に卒業式、夜は社員の懇親会を行いました。生徒は30名以上集まってくれ、1人1人に卒業証書を配り、涙涙の卒業式となりました。

様々な校舎を担当する中、フランチャイズ学習塾のあまりのクオリティの低さに愕然とする。
顧客企業の顧問・事業部長などの要職を経て、「自分で塾を作った方が絶対に良い塾を作れる」と確信し、2011年に個別指導のGENIUSを創設して現在に至る。

独立企業

当日は午前中にスポーツ大会、午後に卒業式、夜は社員の懇親会を行いました。生徒は30名以上集まってくれ、1人1人に卒業証書を配り、涙涙の卒業式となりました。